入居者と建物を管理する|マンション経営が楽になるサークルホームのサポート
女性

マンション経営が楽になるサークルホームのサポート

入居者と建物を管理する

男性

住居を人に貸すときには必ず賃貸管理業務が発生します。賃貸管理を自分で行うことも可能ですが、不動産会社に委託することが最も効率的です。不動産会社が入居者が入居してから退去するまでの業務一切を行ってくれます。賃貸管理は大きく分けて2種類があります。1つは入居者管理とよばれるものです。これは具体的には賃料の集金が挙げられます。入居者から毎月家賃を集金する業務を代行してくれます。また、入居者が賃料を滞納しているときの連絡などのサービスもここに含まれます。さらに、入居者と賃料保証契約をすることも重要な業務の1つです。もちろん、これは入居者の希望により締結するものです。入居者管理サービスがしっかりしている不動産を選びましょう。

不動産会社が行う賃貸管理には建物管理もあります。これは日常行われる清掃業務や、入居者が退去した後の部屋のクリーニングやメンテナンスなどのことです。他にも、物件の価値を維持するために適宜補修したりすることも行います。入居者管理と建物管理が不動産が行う賃貸管理業務になります。賃貸管理を委託するときには十分検討した上でどこの不動産会社にするかを決定しましょう。それというのも、この賃貸管理に関しては法規制がありませんし、業務範囲が非常に幅広いからです。契約を結ぶときにも契約書類を綿密に確認することです。不動産会社に委託すると、手数料を支払う必要がありますが、その分だけ手間がかかりませんので、メリットが大きいです。