うまく制度を利用しよう|マンション経営が楽になるサークルホームのサポート
女性

マンション経営が楽になるサークルホームのサポート

うまく制度を利用しよう

つみき

老後の年金の足しや節税に

最近は定年後も安定した収入を得るために賃貸不動産経営に投資されたり、節税を目的として賃貸アパート建築をされる方が多くなっています。賃貸経営は家賃収入で毎月の収入が得られるので、定年後の年金の足しになると考える方が多く人気になっています。この際に、賃貸経営のノウハウを知らない初心者の方が頼って利用する制度があります。自分の経営する物件の名義を不動産管理会社に貸し出す事で、経営管理に必要な事を不動産管理会社に代行してもらえる制度が人気です。また、貸し出す対価として、毎月の家賃を8割〜9割程度保証してもらえる家賃保証が付いています。しかし、注意しなければならない点もあり、アパートの建築時からこの家賃保証制度を契約する場合は、アパート建築の建築費に管理運営にかかるリスク費用を巧みに上乗せして高い建築費用を要求する業者もいます。契約の際には相場と比較して建築費が適正であるかをきちんと確認する必要があります。

管理会社任せはダメ

マンションやアパートを経営するうえで、失敗しない為には入居者のニーズを不動産管理会社とよく話し合う事が大切です。具体的には立地する場所や地域には、どういった入居者の需要があるのかやデザイン、間取りなどをよく考えて管理会社と相談する事が失敗しないコツです。また、現金資産をお持ちの方は、お金を不動産に変える事によって相続税計算が不動産評価額での計算になる為、相続税の課税額が減らせて節税になります。これから賃貸不動産経営をする方は、家賃保証制度のような経営サポートをしてくれるものを上手に使い、安定かつ円滑な賃貸経営で資産運用されてみてはいかがですか。この家賃保証制度の利用を検討するなら、インターネットで依頼先を探されるのが効率的に良いと思います。