女性

マンション経営が楽になるサークルホームのサポート

ワンルームの投資用物件

集合住宅模型

サラリーマンにも人気の高い投資用ワンルームマンションとは、賃貸需要の多い単身者を対象として効率良く収益を出せることが特徴です。購入に関しても費用負担がかからないことで注目されています。都心部では多くの物件もあるので、流通量が多いことも利点となりますが、不動産相場が上昇していることを受けてさらに話題を集めています。その投資用ワンルームマンションを選ぶ際には、どのような賃貸需要があるのかを調べることが大切です。例えば学生が多いエリアや転勤の多いエリアで探すことで、空き部屋となるリスクを抑えることが可能です。さらに転売する際にも賃借人をつけた状態で売却できるので、買い手を探す上では有利な条件となります。

投資用ワンルームマンションの運用で押さえておきたいのは、長期保有をするのか短期保有をするのかによって物件選びが異なることです。短期保有ならば、できる限り築年数の新しい物件が必要です。古くなると転売が難しくなるからです。長期保有するのであれば、コストを抑えられる中古物件を探すことになります。そこで選択肢として考えるのは、適度にリフォームされた内装を整えた物件です。メンテナンス費用がかからないので、ランニングコストを抑えることが可能です。また住み心地を高めているので、賃借人もつけやすくなります。このように投資用ワンルームマンションを購入するためには、収益性を考慮して資金計画を立てることができる物件を探すことが大事です。